Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

エンターテインメント産業のリストラの嵐

ここまで不況風が吹くと、
自分の業界だけは大丈夫、
というのはあり得ません。

とくにTV局の売上が落ちています。
広告主は、ランニングコストと広告の効果を、
綿密に評価し始めています。
つまり、
投資した分の効果がないとお金は払わない。
TV局は長寿番組での高ギャラ出演者は、
簡単には切れないようで、
それならばと、番組自体を辞めてしまう。
誰でも考える事でしょうが、
芸能プロダクションさんにとっては、一大事でしょう。
脱税もしたくはなります。
CMだけで生活できる時代は終わり、
本当の意味での芸人として磨かなければ、
やっていけない時代です。
簡単に作れて安上がりのクイズ番組や、
一分しか持たないポッとでのお笑い芸人さんたち。
今後の行く末が気になります。
テレビの嘘を見破る (新潮新書)/今野 勉
¥735
Amazon.co.jp

お払い箱のビジネスモデル (Yosensha Paperbacks)/小屋 知幸
¥1,000
Amazon.co.jp

中世ヨーロッパ 放浪芸人の文化史―しいたげられし楽師たち/マルギット バッハフィッシャー
¥4,830
Amazon.co.jp

日本占領下・インドネシア旅芸人の記録/猪俣 良樹
¥2,100
Amazon.co.jp


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。