Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

某TV局のブログ自作自演と捏造

既存マスコミの姿勢もここまできたか、

という感じですね。

この事に対する大きな問題があります。

それは、真摯なブロガーにたいする冒とくです。

クチコミの効果的浸透を狙って視聴率を稼ぎ、

広告減に対処しようとした事が根源にあるのでしょうが、

それが、逆にブログの威力を証明したことにもなります。

自作の番組のやらせブログはすぐに分かります。

ブログのプロからみれば、嘘か本当かばれてしまいます。

不自然な商品(番組)の表現。

不特定多数への演出方法。

自己主張感度が薄い。

TV局のやらせブログであると、

はじめから言えば良かったのではないでしょうか。

姑息性が潜在的にあるマス媒体はこれからの時代、

生きのびていくのは難しいのではないでしょうか。

お払い箱のビジネスモデル (Yosensha Paperbacks)/小屋 知幸
¥1,000
Amazon.co.jp




関連記事
スポンサーサイト