Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

民主党代表は野田氏を予測。

人相というのは印象面では重要なファクターで、人格や内面性まで現れてきます。皆さんも顔で笑って心で人々をかき回した前総理の人相をみて良く分かったでしょう。国民や政策に誠意をもって取り組める器と情を持った人、目先のことで物怖じしない人が次期総理としての最低条件。海江田氏には信念や貫徹するオーラは感じられず、泣き上手はさておき、案外激情するタイプでトップとしての人間の器ではありません。小沢・鳩山氏が画策するも過半数には至らず、決戦投票では、負けるのではないでしょうか。各陣営は電話による支持獲得に躍起だと報じられてはいますが、電話なんかで支持獲得など甘過ぎます。前原氏は本気度数が足りないし、最後まで立候補をためらったことは減点材料。発言も自分本位で、脇も甘すぎる。野田氏は沈着冷静、国民や周りのことにも目が行き届き、誠意を感じさせます。時折、微妙な発言で叩かれますが。声も低温で地に足がついているので、諸外国にも上手く対処できると読んでいます。第一回は1位海江田、2位野田、3位前原。小鳩アレルギーで過半数に届かず、決戦投票に。反小沢票が野田氏に回れば決まり。予測が当たったら拍手をお願いします。(=^_^=)
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。