Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

下請け改善と雇用の革命

私は長年、とある広告代理店で、
制作ディレクター、プロモーション、営業とやってきました。
制作プロダクションへのフローは、
ディレクターが把握しているのですが、
その先の事情については当時よく分かりませんでした。
その代理店を辞め、
数年間色々な業界でPR・販促を中心とした業務を
支援してきてようやくその実態を知ることとなりました。
元請けと下請けのコラボレーションは、
なくてはならないものですが、順調の時はいいのですが、
良くないときには支払いはゼロ、
またはマイナスになるときがあります。
発注書はなく、いつも口頭。
支払条件は納品して入金してから相談。
企画が通らなかったら元請けに賠償という報告もありました。

最近の知人の例ですが、とくに元請けが、
フリーランス(自営)プロデューサーというケース。
元受けが下請けに頼む場合には、支払い条件はいわず、
ただそのまま進めさせ、出来上がったら納品し、
入金しそうになったら下請けに支払い条件を提示するという、
魑魅魍魎なやり方で、通達します。
広告の場合、元請けが代理店からクレームを付けられたら、
下請けに大幅な減額を要求。ゼロになるときも多いそうです。
クレームを付けられなくても架空事実を作り上げ、
支払わないというのもありました。
下請けの社長はその後失踪し会社は消滅。
アニメ制作会社の下請けも大変と聞きます。
業界は違っても内容は同じなんですね。

世界的な金融不安と不況が押し寄せ、
大手企業の正社員さんが給料が下がって、
アルバイトを容認されたといいますが、
派遣でクビになった人たちと、
競合することも十分考えられます。
雇用の受け皿がどんどん縮小しているのに、
そんなことありですか?
と麻生さんに問いかけてみたいですね。
正社員が、
派遣・契約社員、アルバイトや職探しに必死な方、
身障者のかたたちの働き口を奪う?
一般企業にも公的資金を導入?
内部留保の十分ある企業にもするのでしょうか?

この国にも、どうやら、ヒットラーさんや、
ゲバラさんやカストロさんのような
革命家が必要になるのかもですね。
軍部はこりごりですけれども。。。
ちょっと物騒な思いなのでしょうかね。。。
新訳 ゲバラ日記 (中公文庫)/チェ ゲバラ
¥900
Amazon.co.jp

チェ・ゲバラ―愛しい男(ひと)
¥1,000
Amazon.co.jp

わが夫、チェ・ゲバラ 愛と革命の追憶/アレイダ・マルチ
¥1,995
Amazon.co.jp

ゲバラ 世界を語る (中公文庫)/エルネスト・チェ ゲバラ
¥820
Amazon.co.jp

カストロ、銅像なき権力者/戸井 十月
¥1,575
Amazon.co.jp

思想は武器に勝る―フィデル・カストロ自選最新演説集 2003~2006年/フィデル カストロ・ルス
¥2,940
Amazon.co.jp

冒険者カストロ/佐々木 譲
¥1,680
Amazon.co.jp
土方歳三の生涯/菊地 明
¥2,940
Amazon.co.jp

異聞 土方歳三の最期/中村 忠司
¥1,365
Amazon.co.jp

春の雪 (新潮文庫―豊饒の海)/三島 由紀夫
¥660
Amazon.co.jp

春の雪 VISUAL BOOK/井上 貴之
¥1,470
Amazon.co.jp




関連記事
スポンサーサイト