Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

アメリカ合衆国郵便公社が経営危機。

米国では郵便事業は国営だったんですね。

知らなかった・・・。

かなりの経営危機みたいです。

40,000人の人員削減、土曜日業務停止、

今後毎年230億ドルの赤字が続くようです。

どうなるんでしょうか。

日本の場合は先般の郵政民営化選挙後、

いま見直し案でもめているようですが、

早いところ法案成立が望まれます。

郵政の資金は国民の虎の子。

日本郵政と言えば国内ではトヨタに次ぐ、

17兆円もの売り上げがある大企業。

経営が厳しいと言われるのは、

船頭さんや政治的な思惑に問題があるからで、

戦略を真剣に考えないと、

米国のように手遅れになってしまいます。

まだまだ間に合うとはいえ、スピード感をもって

野党も協力してやらなければ、

日本国は潰れます。。。


米国郵便事業に於ける人事管理に関する調査 (1946年)/著者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

みんなの郵便文化史―近代日本を育てた情報伝達システム/小林 正義
¥2,940
Amazon.co.jp

挑戦―日本郵政が目指すもの (幻冬舎新書)/西川 善文
¥756
Amazon.co.jp

日本郵政 解き放たれた「巨人」/町田 徹
¥1,680
Amazon.co.jp

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。