Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

再び登場!偏見血液型生態学。

日本人は血液型に意外と敏感なようですね。
霊視、星占い、誕生日、九星占術もお盛んな様子。
こと、血液型に限って言えば、
科学的な根拠は生態学的にはありません。
しかし、この世で4種類しかない体の中の血液の存在には
驚かされますね。
血液型によって性格や行動パターン、
考え方や深層心理まで決められては困ります。

困りはしませんが、結構当たってないんですよ。
B型の本が売れてるみたいですが、
なんか買うまでには至りませんでした。
そんなに気にしてどうするの?
と、心配になってきます。
それだけ、人への関心がある証拠なのですが。
経験上、肌で感じた偏見血液型生態学。
人によってはほんとの血液型を、
教えてくれない場合も結構ありますね。
とくにタレントさんなんかは。。。


●B型の生態学
・一見人なつっこくてリーダーシップはありそうだが、
意外と人望が薄いので、大勢をまとめるのが苦手のようです。
・面白い発想は有りそうだが、自分の観念に閉じこもり気味な人が多い。
・臨機応変に対処するのが苦手。自分の意見が世界で一番だと自己陶酔する癖がある。
・自分勝手な行動パターンを好み、チームワークは苦手。
・人見知りが激しいので、派閥は作れない。
・大局を見ないで近くをみるのが好き。
・ユニークな発想はするが、考え方は現実的で成就までは難しい。
・性格が細かく人間関係が苦手。愚痴が多すぎる。
・お金に細かい。貯金が生き甲斐。
・女性にだらしない。
・女性はA型より細かい。


●A型の生態学
・自分の存在を否定されると暴発するおそれがある。
・開き直ったら史上最強の人材。
・性格は神経質そうだが、意外とおおらかで面白い。
・完全主義的なところがあり、こだわりはO型やB型より強い。
・物事の調和を好むので、トップには向いている。
・お金にはあまり執着しない。貯金は少ない。
・創造力が豊か。反面融通性に欠ける。
・心のなかに壁をつくりやすいが、つきあえば面倒見がよくなる。
・管理能力があるので、大きな事業を行うには必要な人材。
・女性は意外とおおらかで大胆。


●AB型の生態学
・サラリーマンに一番適している。世渡りが上手い。
・性格に裏表がある。防衛本能が豊か。
・癒し系の性格だが、優柔不断なところが多い。
・人の評価を気にしすぎる所がある。
・浮浪雲的な存在感、自分の意見をあまり言わない。
・感覚中心な生活感。
・お金には疎い。
・人間関係の調整が上手い。
・A型についで、役員クラスに向いている。
・上司が命的な所があるので、出世は早い。
・異性に警戒心がある。

●O型の生態学
・おおらかなイメージがあるが、自分に優しく相手には厳しい。
・守銭奴的な性格。結構ケチなところがある。
・親分肌、姉御肌だが、敵を作りやすい。
・職人肌の人が多い。
・行動範囲が一番広い。
・不平不満を当たり散らす。
・経営感覚に優れている。
・人の管理下で仕事をするのを嫌う。
・女性は身が固い。
・自由を優先し自分の足で歩く。


結論:
血液型は余り当てにはできないようです。
私は、O型、B型の女性に惹かれるようです。。。


関連記事
スポンサーサイト