Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

100ドルの豪邸

リーマンブラザーズの元CEOが、
「こういう金融不安になるとは思わなかった」
と言い放ち、
株主からの提訴で身ぐるみ剥がされそうな状況のなか、
12億円の豪邸を奥様に100ドルで譲渡。。。
姑息な手段はどこまで続くのでしょうか。
株主訴訟では敗訴はやむなしですが、
世論でもかなりブーイングのようですね。
クリントン元大統領と元FRB議長のグリーンスパン氏への
責任追及への関心も高まります。
今回のサブプライムローンの発端は
このお二方にもあり、
断罪されるべく権利はあるはずですが。
彼らには上手いコトを発案したという自負で、
未来もこうなるはずだという計算もあったはず。
しかしながら世界情勢も刻々と変化し、
先行き不透明の時代になりました。
マネーを生みだす怪物 ―連邦準備制度という壮大な詐欺システム/エドワード・グリフィン
¥2,940
Amazon.co.jp


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。