Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

見直されるスマホのパケット定額

iPhoneって感覚的に使いずらい?


とある電車のなかで、

隣の方がメールを入力していましたが、

時間がとてもかかりそう。

映像とか画像とか限定して使われたほうがいいかな。

セカンドマシンとして。

しかし二台ももつ意義もさして見当たらないし。

従来の折り畳み式携帯を外国人が欲しがっているそうな。

私も折り畳み式従来型の携帯派。


iPhone4Sの予約では

ジョブズ氏追悼の感がありますが、

それが過ぎればアンドロイド陣営の

猛攻勢が始まるのでしょう。

スマートフォン市場はアップルのiPhoneだけではなく、

アンドロイド、ウィンドウズフォンの三大勢力。

OSに関して言えば、

Googleアンドロイドが世界的には約六割、

iPhoneが二割台、

そこにウィンドウズフォン(ノキア)が割って入り

No.2のシェアも確保する模様。

メーカーの都合で振り回されるのには少々疲れます。


気になるのはスマートフォンの

データ通信の量と料金の行方。

バッテリーだって一日は持たない。

パケット通信料金はすべて上限ありの定額ですが、

これも崩れる可能性もあります。

以前ソフトバンクの携帯でパケット通信定額契約を

していなかった時、

月五万とか七万とかの請求書には

ビックリした事もあります。

携帯でネットを全てみるのには

やはり無理があるのかな?


回線会社も0円販促やってますが、

どこかでお金を回収するシステムでも

設けないとやっては行けない。

分かりずらい広告表示にしなければならない

理由のひとつにもなっているのでしょうが。

アップルの販促要求は半端ではないようで

利益だってそう多くはないはず。

大赤字覚悟でiPhoneの販売に

乗り出さざれを得ない企業もあります。

米国ではパケット通信は使った分だけ払うようですし、

今後日本でもパケット通信料金には

多分見直さざるを得ない状況にはなると思います。


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。