Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

やっぱりスマホより折りたたみ携帯。

先日某大型家電店のスマートフォン販売コーナーを


立ち寄りましたが、iPhone端末だけではなく、


Android端末、ウインドウズフォン端末など、


客層は分散気味でしたね。


SBとKDDIがiPhoneの販売代理をするということで、


話題にはなっていますが、


世界の趨勢はAndroid、Windowsphone、iPhoneの


三国志。


Appleは新CEOのもと、創造と破壊で、


リピーターを取り込んでいけるか課題が多すぎますが、


今後ともオンリーワンのスタンスを歩んでいくのでしょう。


2015年までのスマートフォン市場の予測が、


示されてはいますが、計算通りに行かないのが


世の中の常。


今の世界経済は死に体に等しく、


4年、5年後はどうなっているか分からない。


スマートフォンも形態もOSもバージョンアップ


していくのでしょうが、


今のままでは個人的には使えない。


手のひらサイズはあまりにも小さすぎる。


日本語入力が上手くできない。


スライド式のものもありましたが、


これはGood!


auのアクオスだったかな?


従来の携帯の入力とタッチが同時にできるから


少し重いけどどうしてもというのならこれかな。


大きめのタブレットはどれも持ち運びにはまだまだ重い。


iPodタッチはiPhoneと間違いやすいから、


勘違いで契約したかたもいるとか。


Appleは自社で競合製品作ってどうするの?




とにかくいまは従来の携帯で十分。













関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。