Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

KURAさんがMadonnaを敬愛・応援する理由。

Madonnaの二作目の映画監督作品「W.E.」が

出来たらしいですが、

関係者の間では賛否両論のようです。

出演者の役者さんが、Madonnaの徹底ぶりに嘆いていたとか。

わずか10分の入浴シーンのカットを取るために、

納得のいくまで三時間もNGを連発したとか。

Mdonnaは黒澤監督顔負けの完全主義者としても有名で、

とくに人の純愛や本性の追求に一切妥協を許さない姿勢には、

KURAさんは共鳴するところがあります。

そういう深層の流れが、

シンガー・ソング・ライター、映像プロデューサー、

あくなき慈善運動志向、シナリオライター、

実業家などのマルチな力となって現れているわけです。

元来アーティストはわがままであり、

カリスマ性を望み、大衆の共鳴を大切に思い、

時代を変革する強い意志と感性を意識しています。

画家でもそういうことは考えます。

(KURAさんは元絵描きを目指したこともありますので、

気持ちは分かります。)

私が尊敬するのは、創造力のある時代の改革者です。

Mdonnaはその第一候補です。

他にもおりますが、メインは彼女への敬愛・応援。



萌ゆるペン!GINZA  FIVE LETTER CORD






関連記事
スポンサーサイト