Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

誰もが持つ文章力の引き出し方

文章が苦手、
下手くそ、
ブログが続かない、
イメージが湧かない、
自信がない、
笑われる・・・。
上達実用本を読んでもダメ。
文章力は才能がなければダメ?

いえいえそんなことはありません。
文章は誰にでも自分の世界を描く能力が備わっています。
自分で気がつかないだけ。
上手く書こうとか、
見栄え良く書こうとか、
気に入られたいとか、
余計な考えが先に来るから、
書けなくなるのです。

メモ用紙感覚、
絵描き感覚、
散歩の感覚、
浮遊感覚、
自由な感覚、
肩の力を抜く感覚、
主張する気持ち、
挑戦する気持ち、
アーティストな感覚。

気楽にのんびりやれば、
自ずと上達するものです。

文章読本 (中公文庫)/三島 由紀夫
¥580
Amazon.co.jp

文章読本―文豪に学ぶテクニック講座 (中公文庫)/中条 省平
¥720
Amazon.co.jp

文章読本 (RHブックス・プラス)/吉行淳之介(選)
¥893
Amazon.co.jp

新文章讀本 (タチバナ教養文庫)/川端 康成
¥1,050
Amazon.co.jp

悪文―裏返し文章読本 (ちくま学芸文庫)/中村 明
¥882
Amazon.co.jp

雀の手帖 (新潮文庫)/幸田 文
¥420
Amazon.co.jp

美しい町〈上〉 (金子みすゞ童謡全集)/金子みすゞ
¥1,155
Amazon.co.jp







関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。