Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

今日はジャパンカップ。

見るだけでも鳥肌がたちますよね。
凱旋門賞馬とドバイワールドカップ馬の
世紀の対決。
今日は快晴。良馬場。
力通りの決着か。
強力に引っ張る馬が見あたらず、
スローな流れで、四角でヨーイドンの展開が予想され、
おそらく上がりは33秒台前半。
天皇賞の時は速い流れでレコードタイムが出ましたが、
その反動もなきにしもあらず。
前走での着順が人気に反映しますが、
今回はサプライズがありですね。
観戦するだけでもワクワクします。


優駿 2008年 12月号 [雑誌]/著者不明

¥700
Amazon.co.jp

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。