Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

大後悔時代の幕開け。

YesなのかNoなのか?

相手を取るのか自分を取るのか、

出すのか出さないのか、

認めるのか認めないのか、

参加するのかしないのか、

家族をとるのか自分をとるのか、

払うのか払わないのか、

二つのうちどちらかを選ばせる戦略。

中間を排除して、

多値的な考えを認めない。

ブッシュ政権のみならず、

歴史的に観て、

アングロサクソンの一般的な考え方はまさにそれ。

500年前からの大航海時代はまだ終わってはいません。

相変わらずの縄張り争いで、

利権命と邁進する為政者の振る舞いは、

有史以来変わらない。

変わったのは、民衆が力を持ったこと。

エジプトでもリビアでも、

いまだデモが絶えません。

国家予算なみの不正蓄財をよりどころにして、

権力を維持するやりかたは、

まさに大航海時代の延長。

そのお金すべてを廻せば雇用やデモは少しはおさまるはず。

自分に従わない者は×、従う者は○。

大後悔時代の幕開けなのでしょうか。





大航海時代IV ROTA NOVA ガイドブック/著者不明

¥1,575
Amazon.co.jp

大航海時代 (Truth In Fantasy)/森村 宗冬

¥1,890
Amazon.co.jp

関連記事
スポンサーサイト