Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

赤穂義士と私の実家

KURAさんのご先祖さまは兵庫県。
流れ流れて越後の国へ。
今は廃城となった加地城のお殿様が、
御館の乱で景勝の策略に巻き込まれました。
お殿様は上杉景虎側に付き、
直属の無名の武士が景勝・直江軍での敗戦のおり、
命辛々民家に匿ってもらい、
武士を棄てて農民となりました。
その民家と実家は今日まで深いお付き合いをしています。
その武士の名は遺言で未だに明かされてはいません。
実家の近くには、
中山安兵衛こと堀部安兵衛の生家があります。

私の実家と赤穂浪士。
不思議な縁があったんですね。

あまり関係がないか。(o^-^o)!



堀部安兵衛〈上〉 (新潮文庫)/池波 正太郎

¥700
Amazon.co.jp

堀部安兵衛〈下〉 (新潮文庫)/池波 正太郎

¥700
Amazon.co.jp

幕末遊撃隊・忍者丹波大介・堀部安兵衛 (完本 池波正太郎大成)/池波 正太郎

¥7,665
Amazon.co.jp

堀部安兵衛の忠臣蔵/立石 優

¥1,680
Amazon.co.jp

関東戦国史と御館の乱 ~上杉景虎・敗北の歴史的意味とは? (歴史新書y)/伊東 潤

¥903
Amazon.co.jp

上杉三郎景虎 (光文社文庫)/近衛 龍春

¥1,000
Amazon.co.jp

関連記事
スポンサーサイト