Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

まだイラク戦争は終わっていない。

イラクに大義なき戦争を仕掛けた米国の蛮行は歴史になる。
オバマ氏の歴史にしよう発言には、
そういう意味も含まれていることともいえるでしょう。
911とアフガン、イラクとの関連性は、
捏造された可能性が高くても、
誰もその行動の非を認めようとはしません。
ブッシュ氏の当時の十字軍発言には、いささか辟易されたかたも、
多かったことでしょう。
結果的にはイラクには大量破壊兵器はなく、
アフガンは911とは関係がなく、
裏読みをすれば、その地に眠る広大な金鉱や、
原油の利権を手にしたいがための、
やらせの戦争と言えなくもない。
実際アフガンには100兆円ほどの金脈が確認されており、
モルガンをはじめとするウォール街の面々が、
莫大な投資をしているではありませんか。
メキシコ湾での原油にも限りがあるため、
中東は押さえておかなければならない。
イスラエルはその前哨基地という位置づけは、
今後も変わらないでしょう。
パレスチナを認めようとしないのは、
十字軍の戦いがまだ終わっていない証拠です。
アブラハムの正妻でない子の末裔を揶揄するのは、
この何千年なんら変わっていない。。。




よくわかるイスラエル史―アブラハムからバル・コクバまで/ジークフリト ヘルマン

¥1,680
Amazon.co.jp

受難の意味―アブラハム・イエス・パウロ/宮本 久雄

¥3,570
Amazon.co.jp

物語 イスラエルの歴史―アブラハムから中東戦争へ (中公新書)/高橋 正男

¥1,029
Amazon.co.jp

関連記事
スポンサーサイト