Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

自炊批判をする前に、作家がしなければいけないこと。

著作物を自分でスキャナーで読み取り、
電子書籍で読めるようにデータ化する。
iPadや電子書籍機器で読めるようにすることを
自炊というのだそうです。
個人で楽しむための行為は違反にはならず、
たとえ誰かに代行してやってもらうことも、
違法にはならないのだそうです。
それが悪用されてしまい、
著作権の侵害が発生するということで、
日本ペンクラブ会長さま率いる10人近くの作家が、
代行業者に提訴をすることのようですが、
代行業者というよりも、
設備と場所を提供しているに過ぎないのでは?

それよりも、
現在低迷している日本の文学界の立て直しの方が、
先かと思うのは私だけでしょうか。
面白くて読み応えのある作品群を期待していますが。。。





電子書籍の基本からカラクリまでわかる本 (洋泉社MOOK)/著者不明

¥1,260
Amazon.co.jp

電子書籍らくらく作成PACK <EPUBテンプレート付き>/林 拓也

¥2,079
Amazon.co.jp

2015年の電子書籍/野村総合研究所

¥1,785
Amazon.co.jp

電子書籍の時代は本当に来るのか (ちくま新書)/歌田 明弘

¥861
Amazon.co.jp

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。