Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

男の価値がない平田の出頭騒ぎ。

時効が成立したからという理由で、恥も外聞もなく出頭したオウムの平田容疑者。警察では出頭しても当初門前払いをしたそうですが、それにしても両方とも実に情けない。自分が犯人だと名乗りでているのに、本気にされない。時効が成立しているので、警察側は面倒くさくなったのかどうかわかりませんが、出頭した側は時効成立だからという思惑。落語のネタそのものですね。笑いたくはないけれど、苦笑するしかありません。男の価値が限りなくマイナスになった前例として扱いましょう。
関連記事
スポンサーサイト