Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

危うい橋下氏の隙間戦略。

知事から市長へ。
本来ならば知事の権限でも、対応出来そうなものですが、
大阪市という特殊?な事情があってのことでしょうが、
モグラ叩きのようにやっても、
さほど改革は前には進まないでしょう。
とくに労使の問題は難しいのでは?
腹を割ると言うよりは、対決姿勢が強い状況では、
戦略をもってしても成就にはイバラの道が。
中央への殴り込みも、どうなりますか。


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。