Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

某アメーバブログの一部ご紹介。

「モナリザの微笑と性別の正体」

2010-05-21 11:20:40
テーマ:絵画評論

モナリザは世界的な名画といわれていますが、
果たしてそうか。
先入観や前準備なしにその絵画にあたり、
想像力と自分なりの分析や評価を与える
楽しみ方もあってもいいのではないかという、
スタンスも必要。
単なる美術評論だけで、
絵画は判断されてたまらない。

さて、本題。

モナリザの性別は男性か女性か。
もちろん見た目は40代の熟女風ですが、
果たして微笑んでいるのか冷笑なのか。
微笑んでいそうで、
そう微笑んではいない。
臨場感と自然さが薄い笑みで、
モデルを前にしたものではなく、
想像で描いたものでしょう。
ジョコンダといわれる習作の数々では
うら若き貴婦人です。
母親への回想がベースになっており、
顔はダ・ヴィンチそのものです。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。