Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

戦略PR時代

民主党の右往左往、
自民党の野党定着危機、
日本企業への新ABCD包囲網、
EU各国の財政危機、
USAの独り勝ち、
イランの立ち振る舞い、
英国のプライド、
マスメディアの崩落、
VIP人材の登用、
など。

これらの経営や組織のトップに、
諫言できる立場でいられるのは指南の技。
仲介人、交渉人、そして戦略PRプロデューサー。

NTTドコモが過日バタバタしたようですが、
戦略不足どころか、ブレインがいないという、
寂しい会見。脇が甘すぎますね。
しっかりした企業なら、
外部ブレインとの歩調をとりながら、
対応しているはず。
民営化されても、まだまだ電電公社という、
お役所感覚が抜けきれないところが
あるのかもしれませんね。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。