Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

今週のメルマガです。


●____________^0^_____________●

◆No.52「萌ゆるペン!」

◆配信:毎週金曜日

◆目次

1)潮流戯画手帖(世界の流れ)

「マドンナ「W.E.」がアカデミー賞にノミネート。」

「決定!2012.2.5-Madonna スーパーボールイベントの曲名。」


2)貴方にも出来るドリームステイタス応用編

「オフィシャルサイトをファイブ・レター・コードで診断・評価」

3)世相を斬る(自由コラム)

「某出版社から送られてきた選評二作品のご紹介」


4)KURAさんの悩み相談解決室

(※新シリーズ。ここだけの話。)


※ブログ非公開

5)サラブレッド歳時記


※ブログ非公開

------------------------------------------------------------
「萌ゆるペン!」
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001236631.html
------------------------------------------------------------

●____________^0^_____________●



1)潮流戯画手帖(世界の流れ)


「マドンナ「W.E.」がアカデミー賞にノミネート。」


コスチュームデザイン部門賞でノミネーション。

劇場予告編しか見てませんが、

映像がとても綺麗だったので印象に残っています。

できれば、「Masterpeace」の

オリジナルソング部門賞のほうを期待してましたが、

映画をとり終えてから発表したので、

エンディングの二曲目に挿入したのではと推測しています。

二曲目は対象外という審査ルールで

ノミネートから外されたようです。

最優秀オリジナルソング賞が

間違いないとされていただけに、

マドンナ側も残念がっているのではないでしょうか。

審査基準見直したほうがいいですね。

オリジナルソングのノミネートは

今回二曲しかないそうで、

場内ではブーイングの嵐か?

ゴールデングローブ賞に輝いた曲が

幻のアカデミー最優秀オリジナルソングとなった・・・。

そういわれかねないかも知れませんね。

映画監督作品の評価はこれからでしょう。





「決定!2012.2.5-Madonna スーパーボールイベントの曲名。」



いろいろと取りざたされている、スーパーボールハーフタイムでの、

曲名は残念ながら、Madonnaしか知らないわけですが、

一ファンとしての予想として、おそらく下記のようなものになると見ています。



傾向としては、

乗りのいいもの、

スーパーボウルゲームを盛り上げるもの、

未来や世界へのメッセージ性のあるもの、

平和と博愛と共生をうたったもの、

Madonnaのこだわり、

ファンへの感謝、

などを踏まえると、



◎Express yourself

↓(サプライズとしてGaGaが出る?

Express yourself this way? まさかね・・・^0^)

◎Jump



◎レイオブライト



◎新曲Give me all your love



◎Hung Up



◎Hey you



限られた時間の中でやるので、

このくらいかな・・・・。



2)「ドリームステイタス(Dream Status)
FIVE LETTER CORD」応用編

____________________


「Madonna,Nicola,GaGaのオフィシャルサイトを
ファイブ・レター・コードで診断・評価」

____________________

1)Madonna

◆親交確立度:10点

◆啓発度:10点

◆社会貢献度:10点

◆洗練度:10点

◆未来志向度:10点

■総合点=50点

2) Nicola

◆親交確立度:10点

◆啓発度:8点

◆社会貢献度:8点

◆洗練度:10点

◆未来志向度:10点

■総合点=46点

3) GaGa

◆親交確立度:8点

◆啓発度:8点

◆社会貢献度:10点

◆洗練度:8点

◆未来志向度:10点

■総合点=44点


※ポイントの傾向

■00~10(レベル1)
=自分の果たす役割の意識を基礎から学びましょう。

■11~20(レベル2)
=表現力のレベルアップを図りましょう。

■25未満(レベル3)
=総じてプロとして努力の反省箇所多々あり。

■25~30(レベル4)
=プロとしての礎は出来上がっており、
オリジナル性を強化していけば良い方向に行きます。

■31~40(レベル5)
=中級レベル以上のプロフェッショナル志向で、
心構えもしっかり確立されています。

■41~50(レベル6)
=まさしく一流の資格を持ち合わせ、世の中への影響力がり、
時代を牽引する情熱と愛情が満ち溢れています。模範的な人間像。


<五項目、各10段階で評価・診断をする

「ドリームステイタス(Dream Status)」>

<主な特徴>

●生き方の善し悪しではなく目視による独自の鳥瞰をもとにしています。
個人の生き方は言うに及ばず、企業客観的視点にも応用できます。

◆共感性(10段階)

読者、コメント、双方向コミュニケーションの活発度など。

◆啓発性(10段階)

ジャーナリズム性、向学心、相互成長、社会への思いやりなど。

◆社会貢献性(10段階)

社会参加意識、改革心、創造心、ボランティア、時代の意識など。

◆洗練性(10段階)

模範的な存在感、清潔感、未来志向など。

◆未来志向性(10段階)

歴史観があり牽引力があるかどうか、夢と希望を与えているかどうか、
損得抜きでの志向性かどうかなど。



3)世相を斬る(自由コラム)


「某出版社から送られてきた選評二作品をご紹介」


何年か前に短編小説(未完成) を某出版社に送ったところ運よく見てくれた人がいて、
講評を賜りましたので、一部ご紹介します。~まだ出版の機会を得ていませんが、
テレビや映画の原作・配役も考えて創作してみました。版権はまだありません。
父の本懐は事実に基づいており亡き祖母・父の反対でこれまで公表を控えておりました。~ー。

______________________________________


~お寄せ下さいましたご著作「父の本懐」・「透明慕情」につきまして、
担当いたします部署と共に拝読し、出来栄えや面白さを評価申し上げると同時に、
公共性格・刊行の意義・社会的ニーズ・読者獲得の可能性を検討いたしました。
その場で挙げられた選評を以下ご報告いたします。作品の完成期待しております。

◆選評◆

■まずは「父の本懐」から見てゆくことにする。中国残留孤児という、
日本の宿題に真正面から対峙したこの作品は、
人間というものの心の在り方を問う力作である。偽者の残留孤児が
日本にやってきて大歓待を受ける。そしてそのあとにやって来た、
本当の残留孤児。彼女らは怨み一つ言うこともなく、それどころか
「父の生まれ故郷については、ずっと胸に抱いておりました。
私たちはご親戚に会うだけでも嬉しく思います。~中略~
実家にいるあの人たち二家族十人~偽物者~は、そのまま帰国させてあげてください。
何事も穏便にお過ごしくださることを希望いたします。
私たちやあの人たちも皆戦争の被害者なのですから~」
と口にするだけの肝要さを有しているのである。
日本と中国の間に起きた不幸な戦争は形の上では連合国への無条件降伏で終結している。
しかし、その戦争に巻き込まれた人々にとって、
戦争はまだ続いているのである。そして、特攻隊に行き遅れた父もまた、
戦争の被害者であった。その父の心の旅路を追って、
「私」が北海道の富良野へ赴くというストーリー展開は巧みで、
「父の本懐」が明らかになる場面は感動的ですらあった。
「私」と父が酒を酌み交わす場面も同様にそうである。
「私」、父、祖母と三代を遡る心の奇跡は、
昭和という時代が背負った十字架を辿る旅だった、ということが言えよう。

■他方、「透明慕情」は大いに楽しく読むことができる作品である。
これは男性の見果てぬ夢というべき、乙女への恋を扱った恋愛小説に仕上がっている。
主人公の男性は中学生の娘がいる中年男。対する恋の相手は、
自分の娘の同級生なのである。しかもその恋の相手は、
会社の同僚の娘である。それでも「私」は、その秘めやかな恋の虜となってしまう。
「歳の離れ過ぎた淡い想い。男と女は歳の差ではないという人がいる。
だが、30年というギャップはあまりにも大きい~中略~他人には笑い話になるだろうが、
惹かれてしまったものは仕方がない。私は禁断の赤い糸に巻かれてしまったのだ」という、
切ない想いに悶々としている。その禁断の恋愛を主軸にして、
会社での出世街道から完全に外れた哀しみ、
家庭の不協和音なども絡ませて、この恋愛小説は進んでいく。
そういう、諸々の事柄があるからこそ、
中年男のラブストーリーは、どこか滑稽であり、悲しく、そして美しいのである。


★まとめ★「父の本懐」で読者に投げかけたテーマは、
日本人の誰もが背負わなくてはならない宿命なのかも知れない。
「透明慕情」は、男の誰もが夢見る、見果てぬ夢なのだろう。
それらの全く異なるテーマは、しかしながら意外とこれまで、
扱われなかった題材のような気がしなくもない。
アジア外交で何かと話題を投げかけている現在の我が国だからこそ、
「父の本懐」のような真摯なテーマに沿った作品が世に出る意味は、
極めて大きいはずである。そしてまた、中年男の恋愛小説といえば、
とかくこれまでは生臭いものが多かった。
「透明慕情」いわゆる乙女との慕情のような、
プラトニックな味わいの作品は、皆無といっても良いのではなかろうか。
そうした意味において、この2作品が世に出る意義は小さくないと考える。






4)KURAさんの悩み相談解決室

(※新シリーズ。ここだけの話。ブログ非公開。)

「No.10 等身大の恋人の見つけ方」

周囲からは模範的な楽しい家族に見えても、
実際には崩壊目前の家族ではないとは言い切れません。

傍目からは誰からも羨ましがられている
理想の恋人同士でも、
実際には相性が悪くいつ
別れてもいい状況ではないと言い切れません。
人は誰しも自分に仮面と隠れ家をもっています。

いざ結婚して共同生活をするとなると、
相手のイビキ、おなら、生理的状況、
信条、経済観念、育ち、共有感、隠し事なし、
など観たくもないものまで、
観なければならなくなります。
恋人時代はスッピンが分からず、
結婚後は正体がわかり幻滅したとかならないように。
そういう覚悟があるからこそ一緒になられるわけで。
家庭に縛られると男性も女性もかならず
ストレスが発生します。
それでどこかに自分のオアシスを求めるようになります。
自分だけの隠れ家とでもいいましょうか。

それはほんと大事なことです。
ありきたりですが・・・。



5)サラブレッド歳時記



今年もサラブレッドの頑張りに感謝をこめて。


競走馬が一生懸命やってる姿に共感。

たとえ投票しなくても、

被災地支援のために疾走してくれることに感謝いたしましょう。

WIN5が始まりました。100円でも推理力で勝ち取りましょう。

ご健闘を祈ります。

◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇
◆毎週金曜日発信します。KURAさんの視点から現代を読み解き、
よりよき未来への羅針盤となるべく、提言していきます。
世の中の不条理と良識を追求し、マスメディアの情報を鵜呑みにせず、
ブログでは伝えきれない潮流を素朴な眼で分析、予測していきます。
萌ゆるペン!をよろしくおねがいします。
◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇

----------------------------------------------------------------------
萌ゆるペン!
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001236631.html
----------------------------------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト