Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

大義なきイラン制裁

萌ゆるペン!Moyuru Pen in Our Beauty Planet.-346282150722918948.jpg

核開発疑惑でイスラエルがイランに攻撃の機会をうかがっているようですが、そのことだけで制裁を施すというのは如何なものか。あのイラク戦争は大量破壊兵器壊滅が大義名分として、なされましたが、それが間違いだったことがわかり、フセイン氏の捕捉・処刑も大義はありませんでした。アフガニスタン戦争は911の首謀者がビンラディン氏とアルカイーダと決めつけ、昨年本物かどうかはわかりませんが、勝手に捉えて水葬し物議ー醸しました。私は本物とはみていませんが。アフガニスタンの地下には数百兆円もの金の鉱脈があるとされ、ウォール街の投資ファンドや銀行のがかなりの投資をしていると言われます。イラクもしかり。北米のプチローマ帝国軍は罪のない中東の市民を、いつまで虐げるつもりなのでしょうか。Madonna のハーフタイムは単なるショウだけだけではなく、World Peace へのメッセージでもあったことをわすれてはなりません。
関連記事
スポンサーサイト