Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

「国民の生活が第九」

民主党の増税路線まっしぐらを是認する
マスコミの姿勢には、呆れてしまいます。
年金の官民一元化案を棚上げして、
公務員改革法を先延ばしにし、
安易にとれるところから徴収する、
理念なきまつりごとには辟易されている方が、
ほとんどでしょう。
客観的なジャーナリズムが存在しない、
極東のエリア51。
ジャーナリスト休止宣言を唱いながら、
過去の栄光にすがる方が、
ウラでは保身の自由報道教会なるものを作り、
言いたい放題を繰り返す。

民主党の諸氏の余命は幾ばくもなく、
あと半年もてばいい方でしょう。
永田村の縄張り争いが繰り広げられている間に、
日本は世界から相手にされない国になるかもしれません。
小沢さんはもう終わったのでしょうか。
増税には反対だそうですが、採決の時は、
また逃げるのでは?

「国民の生活が第九」ではいただけません。
公約は守ってはじめて信頼を生むものです。



関連記事
スポンサーサイト