Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

格付会社=ヘッジファンドの世界戦略(改訂)

ギリシャの債務不履行が一時的に避けられ、

ダウ平均もアップしたようですが、

他のEU諸国も似たような財政危機と不況で

一触即発の事態はまだまだ続くことでしょう。

なぜなら、そういう危機を演出、利用、投資することを

ビジネスの根幹としている企業が、

地球上を闊歩していることが考えられるからです。

格付会社の一言でリーマンショックなどの

金融不安やダウ平均の上げ下げ、

投資家心理に影響を与え、

ヘッジファンドが粗悪なサブプライムを売り付け、

世界中の国の財政にまで食い込み、

世界のGDPの10年分の不良債権をばら蒔いたことにより、

今の世界経済不安を作り出したことは、

真面目に生きる人類への背信行為といえるでしょう。

オバマさんの支持の大半は、

草の根募金活動が主体とされているイメージがありますが、

実際にはウォール街の金融界を強力なバックボーン

として持っているのです。

高級住宅街で7つのバスルームがあり、

悠々自適に暮らすオバマさんは、

99%の怒りをご存じなのでしょうか。

いろいろな角度からみても、

まず再選されるのは間違いないでしょうね。

共和党は対岸の出来事、小粒の感は拭えませんし華がない。


日本のマスコミは民主党の税一体化を報じるのなら、

なぜ本質論で斬り込まないのか理解に苦しみます。
郵政改革も官僚改革も暗礁に乗り上げ、

浮沈空母日本もタイタニックのようにならないように、

祈りたいものです。


日本の空母/オフィス五稜郭
¥700
Amazon.co.jp


知られざる空母の秘密 海と空に展開する海上基地の舞台裏に迫る (サイエンス・アイ新書)/柿谷 哲也
¥1,000
Amazon.co.jp




関連記事
スポンサーサイト