Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

フォーカスを間違えたオリンパス旧経営陣。

とうとう予想通り旧経営陣が逮捕されましたが、

メガバンク側にも責任があるのでないでしょうか。

オリンパスが任意で第三者機関を設け、

反社会的勢力との関係を否定していますが、

それは真実には当たらない。

なぜなら我田引水的なうやむやな捜査や調査が、

十分考えられるからです。

当事者の委員会ではなんの解決にもなりませんし、

客観的な真実をつかむのには向いてはいません。

これは氷山の一角と言えそうです。

それが事実だとすると、2000年前半でのいざなぎ景気超えは、

でっち上げだたっと言えなくもありません。

日本が無法地帯化となったいま、

システムの再構築が必要なのかもしれません。

遅すぎましたが・・・・。


巨額粉飾 (新潮文庫)/嶋田 賢三郎
¥740
Amazon.co.jp


粉飾の論理/高橋 篤史
¥1,890
Amazon.co.jp


融資力トレーニングブック 粉飾決算の見分け方/石田 昌宏
¥1,890
Amazon.co.jp


上場ベンチャー企業の粉飾・不正会計、失敗事例から学ぶ―ケースブック/門脇 徹雄
¥2,520
Amazon.co.jp


最近の粉飾―その実態と発見法/井端 和男
¥2,520
Amazon.co.jp



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。