Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

愛の心の言葉を公用語に。

楽天とユニクロが、

社内公用語を英語にするようですが。。。

世界の公用語が英語とは、

誰が言い始めたのかわかりませんが、

日本語をないがしろにするのはいかがなものかと。


某TV番組での、外人さんのど自慢大会がありましたが、

美しい日本語の響きや歌詞の素晴らしさに、

心を打たれたという方が多いのには驚きましたね。

灯台元暗しで、海外への憧ればかりが目立ち、

日本の良さが忘れ去られている現実。

地球は水面下で深い絆で結ばれているというのが、

私の持論ですが、各国の紛争も、

言葉だけではなく心のつながりが解決してくれるような気がします。

ですから、公用語云々の問題ではなく、

愛の心の言葉を公用語にと思わずにいられません。










「英語公用語」は何が問題か (角川oneテーマ21)/鳥飼 玖美子

¥760
Amazon.co.jp

英語を社内公用語にしてはいけない3つの理由/津田幸男

¥1,575
Amazon.co.jp

もし御社の公用語が英語になったら/森島秀明

¥1,470
Amazon.co.jp

関連記事
スポンサーサイト