Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

広告(販促)と広報は同じ。

広告(販促)と広報は全く違うという方がいるらしい。

広報は日本では企業の番犬役、広告の付属という位置づけです。

戦略PRはいわば、+点と-点を客観的に発信できる

ブロガーのようなもの。

広報は得てして、マスコミの隷属化におかれ、

プレスリリース業といってもよいでしょう。

そのマス媒体が影響力をなくし、

ジャーナリズムを撤退し、

媒体広告スペースブローカーになって久しい。

広告代理業も同じ。

一業種一社制が基本の諸外国にくらべると、

日本のマスコミが、マスゴミと言われる所以です。

広告主にもの申すアウトソーシングこそが、

企業の存在性と社会性を高めていくのかも知れません・・・。



偽情報退散! マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている (5次元文庫)/THINKER

¥840
Amazon.co.jp

マスコミは何を伝えないか――メディア社会の賢い生き方/下村 健一

¥1,995
Amazon.co.jp

タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)/川端 幹人

¥882
Amazon.co.jp

大マスコミ 疑惑の報道/三橋貴明

¥1,300
Amazon.co.jp

ご臨終メディア ―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書)/森 達也

¥714
Amazon.co.jp

博士の独り言 -マスコミが絶対に伝えない「日本の真実」-/島津義広

¥1,500
Amazon.co.jp

利権マスコミの真実―「報道しない自由」を作ってきたのは誰だ (OAK MOOK 405)/著者不明

¥1,200
Amazon.co.jp

電通の正体―マスコミ最大のタブー/『週刊金曜日』取材班

¥1,260
Amazon.co.jp

関連記事
スポンサーサイト