Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

日本のミサイル技術とこの国の形。

種子島から打ち上げられる日本の人工衛星技術は、
世界でも屈指のレベルといわれています。
裏を返せば、相当なミサイル技術もあるということになります。
日本をいまでも縛り付ける、
意味不明の日本国憲法は連合国の思惑も入っており、
その矛盾を論ずることすら反故にされたこの70年弱の月日は、
一体何だったのか私たちは自問しなければなりません。
作家こそが時代を変える尖兵隊でいなければならないのに、
三島氏の跡をつぐ人は一握りで、
なんとも寂しい限りです。
お仕着せの現憲法の呪縛から解き放たれたとき、
真の日本国の未来が築いていけるであろうことは
明らかである思うのであります。
いま騒がれている北朝鮮の人工衛星などまだまだ可愛いものです。
日本のマスコミはにはジャーナリズムはありませんし、
永田村では民主主義での不毛の議論が行われ、
大義なき政策が政権崩壊へと突き進むのは
避けられないものとなるでしょう。

宇宙大航海 日本の天文学と惑星探査のいま(別冊日経サイエンス175) (別冊日経サイエンス 175)/著者不明

¥2,100
Amazon.co.jp

日本の宇宙戦略/青木 節子

¥2,940
Amazon.co.jp

われらの有人宇宙船―日本独自の宇宙輸送システム「ふじ」/松浦 晋也

¥1,680
Amazon.co.jp

日本企業はNASAの危機管理に学べ!/沢岡 昭

¥1,600
Amazon.co.jp

JAXA長期ビジョン JAXA2025―20年後の日本の宇宙と航空/著者不明

¥1,050
Amazon.co.jp

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。