Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

望まれる日本球界のリセット

読売渡邉会長の顔面が蒼白だといわれます。

これまで表に出ていた契約金裏金スキャンダルはまだ、

小さいもので、コバルト爆弾まがいの

一大スキャンダルに発展しそうな雲行きですね。

新人選手の契約のおりその親へ数十億円もの借金を

肩代わりという噂は、以前から大抵の方はご存じのはずですが、

確たる証拠がないので軽はずみに誰だとかはいえません。

球界の盟主といわれる立場の方たちが

その汚れた球界のシステムにあぐらをかいているかぎり、

日本球界の再興は難しいのではないかと危惧しています。

朝日だって甲子園野球の影では、

いろいろな既得権益もあるはず。

金のかかり過ぎる野球界、

そろそろリセットの時期かと思うのですが。


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。