Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

日本のタブー・その一:「使用済み核燃料を核兵器に」

日本には現在50トン近くの
原発での使用済みプルトニウムがありますが、
これで核弾頭が一体いくつつくれるかご存じですか?

北朝鮮のテポドン?あれは失敗作です。
過去の発射実験を見てもごらんの通りです。
日本の上空を飛ぶのは大気圏外では仕方のないこと。
4月12日に北朝鮮が人工衛星を打ち上げるそうですが、
これには各国のメディアも招待すると言います。
日本のメディアはミサイルだミサイルだ、
大変だ大変だと勝手に騒いでおりますが、
かなり騒ぎ過ぎではないでしょうか。
あなたもそうですか?
永田町の迷走がそれに拍車をかけて、
レベル的には子供の右往左往。

原発と核兵器は一蓮托生。アメリカ、フランスに続き、日本は有数の、
使用済みプルトニウムを持っているのです。
核弾頭にすると1つが8キログラムとして、6,000発以上。
米国、ロシアに次ぐ核兵器所有国となります。
それはお互いの戦いのために使うのではなく
あくまで抑止力としての扱いであることです。
そして、来るべき巨大隕石が
地球を目標に軌道を進めてきたら
各国が協力し合って破壊するとか、
エイリアンとの戦いに使うとか。。。

日本での原発五十数基が動かなくなると言います。
使用済み核燃料だけが取り残され、捨てるところもない。
思い切って核兵器の製造に着手し、世界の平和に貢献することも
米国と協議すべきでしょう。

原爆被爆国での核保有は世界から総スカンかもしれませんが、
少なくとも中国や北朝鮮を黙らせることができそうです。




アメリカの核支配と日本の核武装―独占金融資本がつくり出す戦争/吉田 義久

¥2,100
Amazon.co.jp

『核武装』が日本を救う(チャンネル桜叢書)/井上和彦

¥980
Amazon.co.jp

核大国化する日本 平和利用と核武装論 (平凡社新書)/鈴木 真奈美

¥819
Amazon.co.jp

新・堕落論―我欲と天罰 (新潮新書)/石原 慎太郎

¥756
Amazon.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。