Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

美しい国になるための必需品

銀座五丁目で働く社長のWeblog-090217_1338~01.jpg
近頃日本では
とんと美しく感じる人が少なくなりました。
人は誰でも日々邪推を基準に考えて
生きていると自然と人相が悪くなってきます。
たとえば劣悪な環境や不遇な中に身を置いていて、
悪女の真似をしていても
美しい人はやっぱり美しい人です。
毎日自分磨きをしている人は見れば分かります。
策士は策に溺れ、ミイラとりがミイラになる。
人間の心は生まれつきか弱いものです。
逆境で揉まれながら自分を鍛えていれば、
美しいものや本物が見えてくるものです。
政治家や役人や財界人の人相も
余りいいとは言えません。
いま、日本に足りないものは以下の通り。

1)痛みを分かち合い感謝の念を抱き、支えあう行動力。

2)女性を敬う心。大学教授、警官、公務員、教師など、
公的な職務につく人のわいせつ行為が目だってきました。

3)年金の一元化。
人事院の解体と天下り、渡りを刑事罰にする。

4)企業ではなく個人への大減税100兆円を。

5)お祭り人間。楽しくさせてくれる人間。

6)これ以降はあなたが追記・・・・・・・・。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。