Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

このままでは終らない北の次の一手。

花火の打ち上げ?が不調におわり、
正恩氏の権威は失墜。
打ち上げ担当責任者への恐ろしい罰則が懸念されます。
全権を掌握したと同時に打ち上げ成功のシナリオが壊れ、
次なる面目を保とうと動くはずです。
防衛省と官邸のチームワークの脆さが、
海外にも露呈してしまったわけですが、
その方が今後の教訓として生きるのでとやかく言うのは
やめにしましょう。
それにしても、次なる懸念は、北の核実験でしょう。
正恩氏の威光と日正氏生誕100年祭はなんとしても、
世界にアピールしなければならない事情があることも、
理解しておきましょう。
関連記事
スポンサーサイト