Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

日本で作家が育たない理由

かつての文豪は何処へ。
本屋さんに行ってもこれといった
気になるタイトルを見つけるわけでもなく、
サプライズを感じる作家の本があるわけでもなく、
あるのは日常茶飯事の追求本
(性的興味に誘導する本、
占いや宗教に関する不可解な本、
本を読めばさもビジネスが成功する
錯覚を起こさせる本/成功していればなにも本など出さなくても…、
マルチ商法誘発本など)
はきりがありません。
実用書が目立ちますね。
そういう私もいくつか展開してますが。
まだ企画中なので報告できませんが、
かなり突っ込んだ内容にはなるでしょう。
私は直木賞や芥川賞をいただいた
作家さんのその後の生活が
時折気になります。
べつに気にする義務はないのですが、
作家は結局売れてなんぼということになります。
日本の場合、従来の封建的で特異な出版システムがあるため、
自由な出版エージェント制が育たないのです。
赤字になってもどんどん出版させるシステムは、
出版業界不況をさらに加速させていくことでしょう。
出版社と書店はいかにして消えていくか―近代出版流通システムの終焉/小田 光雄
¥2,100
Amazon.co.jp

出版をめぐる冒険―利益を生みだす「仕掛け」と「しくみ」全解剖/長岡 義幸
¥2,310
Amazon.co.jp

出版業界の危機と社会構造/小田 光雄
¥2,100
Amazon.co.jp

「ビジネス書」を書いて出版する法―あなたのビジネス経験とノウハウを商業出版しよう! (DO BOOKS)/畑田 洋行
¥1,470
Amazon.co.jp

どすこい 出版流通/田中 達治
¥1,890
Amazon.co.jp

出版産業の変遷と書籍出版流通―日本の書籍出版産業の構造的特質/蔡 星慧
¥2,520
Amazon.co.jp

ベストセラーの仕掛人―売れる本はどのように生まれるのか (出版をめぐる冒険)/植田 康夫
¥2,520
Amazon.co.jp

出版流通ビッグバン―21世紀の出版業界を読む/畠山 貞
¥1,890
Amazon.co.jp


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。