Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

今週のメルマガです。ブログにはない記事もあります。

●____________^0^_____________●

◆No.64「萌ゆるペン!」

◆配信:毎週金曜日

◆目次

1)世界の潮流

「狙われる尖閣諸島」

※世界の流れをキャッチして独自に提言・提案します。

2)日本の潮流

「理念無き原発再稼働と国会議員の裏の顔」


※世の中のカラクリを分かり易く伝えます。

3)世相の潮流

「少年Aの失われた人生」


※公平かつ冷静な目で分析します。

4)エンターテインメントの潮流

「Madonnaの五人の影武者」

※スポーツ・芸能に携わる人を独自の視点でご紹介。

5)歴史の潮流

「中華民国が正規の国である理由」

※誤算の論理・歴史の教訓を独自の視点で検証します。

------------------------------------------------------------
「萌ゆるペン!」
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちらです。いつでも即解除できます。
http://www.mag2.com/m/0001236631.html
------------------------------------------------------------


●____________^0^_____________●



1)世界の潮流


「狙われる尖閣諸島」

国政が売国的な機能と反庶民的な姿勢で狼狽している間に、
日本は弱体化するばかりです。
親中派の小沢氏も同罪で、
野田さんに至っても進化が伺えない。
ましてメディアは財務省に首輪をつけられ、
半市民的な情報を垂れ流す戦前のような雰囲気です。
三島氏の後に続く石原氏の発言には
耳を傾けたほうがよいでしょう。

2)日本の潮流

「理念無き原発再稼働と国会議員の裏の顔」


まさに下記の名簿を見る限り、
共通点が浮かび上がってきます。
これに関係官庁・官僚・電力業界・原発御用学者、マスコ業界、
などが交錯して一大既得権益のバリアを形成しているからです。
こういう視点で、
永田町・霞ヶ関・地方自治体を鳥瞰する訓練をしておきましょう。
来年の夏の総選挙では民主党は壊滅するのは、
織り込み済みなので、その後の国政には私たち市民が、
責任をもって一票を投じたいものです。


●原発ビジネスに関する資料

<東電からのパーティ券献金>

麻生太郎氏、
甘利明氏、
大島理森氏、
石破茂氏、
石原伸晃氏、
与謝野馨氏、
平沼赳夫氏、
仙谷由人氏、
枝野幸男氏、
小沢一郎氏

<東電株大量所有の主な議員>

石破茂氏、   
井上信治氏、
鳩山邦夫氏、
今村雅弘氏、
塩崎恭久氏、
小宮山洋子(民主党)氏、
小林正夫(民主党)氏、
田中真紀子(民主党)氏、
宮沢洋一氏 



3)世相の潮流

「少年Aの失われた人生」

無免許運転と居眠りで多くの犠牲者が。
過失致死罪では甘過ぎる。
殺人または殺人未遂罪が妥当です。
本当にどうにかならないものでしょうかね。
可哀想で仕方がない。
加害者は少年A扱いで、実名報道はなし。
少年と言えども18歳なのだから、
法律や慣習には関係なく実名は公表すべきです。
また同じことを繰り返すのは間違いない。
マスメディアは許可もなく、
病院や被害者への問答無用のカメラのフラッシュ。
マスコミの非常識さにも怒りを覚えます。
身近な事件をネタにしないと
仕事にならない事情もないではないのでしょうが、
あまりにも、被害者への侮辱が多すぎる。



4)エンターテインメントの潮流

「Madonnaの五人の影武者」

Madonnaが影武者を世界ツアーに5人同行させるという。
オーディションは既に終え、選ばれた5人は、
目下徹底したクローン化の訓練にいそしんでいるという。
パパラッチなどからの身の安全と、
プライベートを護るという観点かららしいですが、
貴方は果たして見破ることができるか。^0^
5月からイスラエルを皮切りに11月までツアーは続きます。
来年はツアーのDVD化もあるでしょう。


5)歴史の潮流

「中華民国が正規の国である理由」

諸外国からは、チャイニーズシスターと呼ばれる台湾。
国民党の蒋介石氏が本土から逃げて、立ち上げた国ですが、
いま日本は日中国交回復とかで騒いでおりますが、
中国共産党と日本は一度も一戦を交えた歴史はありません。
戦ったのは中国の国民党。
回復とか賠償とかは国民党側に権利があるわけで、
共産党王朝にはその資格はありません。
体制維持のため徹底的な反日・抗日プロパガンダを
維持していかなければ、体制がもたないのです。
お金にしか目がいかない財界や為政者には、
共産党のしたたかな戦略に眼が行き届いていかない。
小沢氏をはじめとして彼らにひれ伏して
おこぼれを頂戴することしか考えない輩に国は任せられない。
戦後の日本の賠償責任に慈愛と信頼をもって対処した台湾。
戦後日本を4分割して統治しようとした動きに
牽制したのは台湾です。
中華民国は1つの国として認めるべきです。
ということは、
自ずと共産党は認めないことにはなりますが。。。



◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇
◆毎週金曜日発信します。KURAさんの視点から現代を読み解き、
よりよき未来への羅針盤となるべく、提言していきます。
世の中の不条理と良識を追求し、マスメディアの情報を鵜呑みにせず、
ブログでは伝えきれない潮流を素朴な眼で分析、予測していきます。
萌ゆるペン!をよろしくおねがいします。
◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇

----------------------------------------------------------------------
萌ゆるペン!
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001236631.html
----------------------------------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。