Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

天皇陛下・皇后の存在感

いまだに世界16カ国の宗主である
エリザベス女王在位60年を
お祝いに英国の地に降り立った、
陛下と皇后の絶えないスマイルに
心和む外国人も多いのではないでしょうか、
英国の王室より何倍もの伝統と格式がある天皇家。
日本は世界が認める純然たる君主国なんですよね。

米国はヨーロッパから追われた試験国家で、
このさきどうなるかは不明。
捏造され続ける経済環境はいつまで続くか、
今後のみどころですが、
永田町も同じでこれなくしても、国体は維持されるという
現実を私たちはもっと認識すべきです。


天皇家の財布 (新潮新書)/森 暢平

¥714
Amazon.co.jp

天皇家の謎―これ一冊で皇室の歴史が理解できる!/著者不明

¥500
Amazon.co.jp

天皇家一八〇〇年の謎と秘められた歴史 (静山社文庫)/鈴木 亨

¥840
Amazon.co.jp

なるほど!よくわかる英国王室の歴史 (洋泉社MOOK)/著者不明

¥1,470
Amazon.co.jp

女王、エリザベスの治世 先進国の王政記 (oneテーマ21)/小林 章夫

¥760
Amazon.co.jp

女王陛下の外交戦略─エリザベス二世と「三つのサークル」/君塚 直隆

¥1,365
Amazon.co.jp

関連記事
スポンサーサイト