Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

facebookが日本では流行らない理由。

facebookが上場するという。
時価総額も最大らしいですが。
全世界のユーザー数は8億人?
そんな中、
GMがfacebookへの広告出稿を辞めたようです。
販促効果がないからだというこです。
インドとブラジルと韓国と日本ではランクでは下位にあります。
どうしてでしょうか?
中国はfacebookをシャットアウトしてます。

そもそもSNSはリアルな関係が背景にあり、
ローカルで限定的なユーザーのコミュニテイでした。
学生が考えたfacebookでのコミュニティ。
「いいね」とかありますが、
どこが「いいね」なのかよくわかりません。
Twitterと併せて使っている人がいますが、
なぜフォローするのか、されるのか。。。
Google+にいたっては、なぜか中途半端な印象。
引きこもりでないとなかなか参加は」出来ないし、
見ず知らずの人に家族や仲間の写真を共有するのにも、
抵抗はあるし。
あなたはそんなに共有したい?

知らない人との疑似リアルな関係もいいですが、
なぜか実感が湧かない。
second lifeが一時流行りましたが、
頓挫しましたよね。
そういうことだったら、ブログコミュティでも十分で、
併せてマールマガジンであったなら、
より有効かつ相互信頼が、
生まれるのではないかと考えます。

実名登録も足かせになっていいるようですね。
勤務中は個人では使えないし、
情報漏洩の問題もあります。
最近個人情報漏洩がfacebookであったばかりです。
業務提携しているKDDIの携帯のアドレスに食い込まれ、
個人情報が流れたのです。
アプリと連動してことも考えられるので、
便利で楽しいからといって、
なにも考えないでSNSのユーザーとなるまえに、
家族なり友人なりと相談してくださいね。



徹底追及 個人情報流出事件―狙われる個人情報、「プライバシー」が消滅するネット社会の恐怖/佐々木 俊尚

¥1,575
Amazon.co.jp

狙われる!個人情報・プライバシー―被害救済の法律と実務/著者不明

¥2,940
Amazon.co.jp

関連記事
スポンサーサイト