Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

にわか大富豪不必要論

オバマ氏はシカゴの貧民街を横目に、
高級住宅街で七つのバスルームをもつ
大邸宅に住んでいるのだそうです。
ウォール街の名だたるヘッジファンドからの政治資金が
数百億円も入ってくるのだから、
富裕層への優遇措置は当然の帰結なのだろうけれども、
稼ぐが勝ちの世界でもセーフティネットや格差是正の動きは、
必須事項と思いますね。
格差デモなどをみても他人事としていられるのには、
少し驚きましたが。
総人口の1%の人たちが全米金融資産の半分以上を所有し、
10%の人たちが全米金融資産の80%を所有する環境というのは、
はっきり言って尋常ではありません。
一般市民は残りの20%のものを奪い合っているわけで、
全米の消費者動向が米経済の行方を決める
というのは真っ赤なウソです。
ダウ平均においては優良大企業の寄せ集めで、
一般市民の経済とはかけ離れているとしか思えない。
facebookの上場で
創業者をはじめとするにわか大富豪が、
ぞろぞろ出ているようですが、20代で遊び感覚での不労所得?には、
納得がいかない人も多いことでしょう。
大富豪などそんなに必要なのでしょうか。。。






関連記事
スポンサーサイト