Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

戦争とアーティスト

藤田嗣治氏は戦前軍部からのプロパガンダの戦争画の要請をうけ、アッツ島玉砕やサイパン島玉砕の名作?を遺しています。戦後は日本画壇からの締め付けとGHQからの戦争犯罪リスト作成プロジェクト参加要請(断ったようですが)。画家志望だったヒトラー氏はドイツの再興のため帝国議会からの要請?で仕方なく総統をやらされる羽目に。アメリカはここぞとばかりに反ナチスのプロパガンダを捏造気味に展開。12月8のハワイ攻撃のシナリオも仕掛け、それにまんまとはめられた日本。アーティストは政治には無関係のイメージがありますが、実はその逆で彼らの関心事はそこにあり、ポータルサイトの主役とも言えなくもない。善くも悪くも世界の構築は白いキャンバスで、絵の構想を夢想する事と酷似しているということ。
関連記事
スポンサーサイト