Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

ミスユニバースのイメージと美しさ。



2006年での世界ミスユニバース大会で、
二位に輝いた「知花くらら」ファンのKURAさんとしては、
ミスユニバースジャパンの重みを感じない訳にはいきません。

美人コンテストの基準はあるのでしょうが、
出来ればスッピンgを基本として欲しいですね。

だれからみても素晴らしい美人だといわれるくらい
注目されるわけですから、
世界中どこへいっても、周りへの影響度はあるはず。

世の中を明るくする日頃の活動、
内面の美しさと心構えが人々のお手本になるのも、
ミスユニバースのお仕事かと。

家庭裁判所でのゴシップとミスユニバース。
イメージが浮かびません。。。




世界一の美女の創りかた PART2/マガジンハウス
¥1,575
Amazon.co.jp
シンプルライフ/幻冬舎
¥1,470
Amazon.co.jp
知花くららの「てーげーでいこう!」/小学館
¥1,470
Amazon.co.jp
月刊ミス・ユニバース・ジャパン (SHINCHO MOOK 129)/新潮社
¥1,575
Amazon.co.jp
関連記事
スポンサーサイト