Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

今週のメルマガです。

「萌ゆるペン!」メールマガジンが70号となりました。
おかげさまでバックナンバーもどんどん出来て来ていきます。

ブログネタの宝庫でもありますので、
よろしかったらご活用ください。
事前事後をとわずご連絡頂ければ、転載・流用はご自由です。



●____________^0^_____________●

◆毎週金曜日発信します。
戦略PRジャーナリズム(広告・広報・エンターテインメント)
の視点から現代を読み解き、よりよき未来への羅針盤となるべく、
提言していきます。
世の中の不条理と良識を追求し、マスメディアの情報を鵜呑みにせず、
ブログでは伝えきれない潮流を素朴な眼で分析、予測していきます。
Facebook,twitter,Google+のSNSはメディアの価値としては、
主流にはなり得ません。
本格的なブログメディア、メールマガジンは、
今後も時代を超えてメジャーとして成長していきます。
「萌ゆるペン!」をよろしくおねがいします。

◆号外版(日曜・無料)を毎週発信しています。

●____________^0^_____________●


◆No.70「萌ゆるペン!」

◆配信:毎週金曜日

◆目次

1)世界の潮流

「美人コンテストの意義」

※世界の流れをキャッチして独自に提言・提案します。

2)日本の潮流

「「素人ではない民間閣僚」」

※世の中のカラクリを分かり易く伝えます。

3)世相の潮流

「警察OB天下り駐車監視員考察」

※公平かつ冷静な目で分析します。

4)エンターテインメントの潮流

「ゴジラ頑張れ!」

※スポーツ・芸能に携わる人を独自の視点でご紹介。

5)歴史の潮流

「明治維新の仕掛け人」

※誤算の論理・歴史の教訓を独自の視点で検証します。


6)号外版(日曜日)




------------------------------------------------------------
「萌ゆるペン!」
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止はこちらです。いつでも即解除できます。
 http://www.mag2.com/m/0001236631.html 
------------------------------------------------------------


●____________^0^_____________●



1)世界の潮流


「美人コンテストの意義」


2006年での世界ミスユニバース大会で、
二位に輝いた「知花くらら」ファンのKURAさんとしては、
ミスユニバースジャパンの重みを感じない訳にはいきません。

美人コンテストの基準はあるのでしょうが、
出来ればスッピンを基本として欲しいですね。

だれからみても素晴らしい美人だといわれるくらい
注目されるわけですから、
世界中どこへいっても、周りへの影響度はあるはず。
かの山本冨士子さんは、
日銀の就活で不採用になったとかというのも、
あまりの美しさに周りが仕事に集中できないので、
と担当責任者が言う理由からも、
ある意味美人は大変ということか。


世の中を明るくする日頃の活動、
内面の美しさと心構えが人々のお手本になるのも、
ミスユニバースのお仕事かと。

「世界で最も美しい顔100人」というランキングが、
毎年米国の雑誌社主催であるそうですが、
2011年の第一位は、エマ・ワトソン、
日本人では佐々木希、蛯原さんがトップ100の仲間入り。
はたして2012年では?年末には決まるようです。
その前に「世界で最も美しい女性」。
今年は、ビヨンセとなりました。
内面も外面も美しくありたいですが、
どちらもそうでなかったら
世界でもっとも美しくない___となりますよね。
ツケマツゲもどんどんやればいいし、
そのときは内面も磨く努力を
怠らないようにしていきましょう。


国内では芸能人の家庭裁判所でのゴシップ。
ミスユニバースのイメージが浮かびません。。。
世界一の美女になるダイエット/エリカ アンギャル
¥1,365
Amazon.co.jp

2)日本の潮流


「素人ではない民間閣僚」


過日間に合わせの防衛大臣といいましたが、
最新の肩書きだけで見ると防衛関係の評論家という
イメージが先行した感は否めません。
誰しもそう思いますよね。
防衛大学校や防衛医科大学校は大学ではなく、
自衛隊員のスベシャリスを国税で
一人立ちさせるまでの特殊養成所ともいえます。
航空自衛隊から外務省、麻生内閣でのブレーンともなれば、
これはもう立派な玄人。
議員としての経験がないことから素人というイメージ
を全面に出したマスコミもいただけない。
今は内閣よりも解散総選挙ではないでしょうか。
自民党は話し合い解散までもっていかせ、
大勝の折りは、壊滅的な民主党を外してしまう戦略も一考かと。
安易に増税法案に加担したら自民党はおしまい。
党の壊滅的打撃が怖いから野田さんは決断できない。
来年では必ずそうなるのだから、覚悟は必要でしょう。

心神 vs F-35 2012年 01月号 [雑誌]/著者不明
¥1,980
Amazon.co.jp

3)世相の潮流


「警察OB天下り駐車監視員考察」

2006年の改正道交法で
民間(というよりも天下り会社)駐車監視員への
駐車禁止摘発業務委託が継続中ですが、
彼らは準公務員なんだそうです。
その反則金のお金は各都道府県の公安委員会に入り、
その先は不明。本来駐車違反は五分が標準で、
停止中の営業車も無差別で悪質な課金とか。
毎年一万人の警官が退職すようですので、
彼らの就職先がこういう形で行われているのは、
納得がいきませんね。
となりの駐車監視員/太田出版
¥1,155
Amazon.co.jp


4)エンターテインメントの潮流

「テーマレストラン探索の薦め」

たまにはテーマの雰囲気を感じてブログのネタにいかがですか。
あなたの引き出し力の手助けにはなると思います。

http://group.ameba.jp/group/2z-xhFskTWyt/

SN3N0174.jpg


「ゴジラ頑張れ!」

松井秀喜が懸命にメジャーで
頑張っているのをみていると、
全てをかけた覚悟がつたわってきますが、
永田町球場では放棄試合が目前の様相。

松井秀喜 あきらめない心 夢の頂点へ (スポーツ・ノンフィクション)/学研教育出版
¥1,260
Amazon.co.jp

5)歴史の潮流


「明治維新の仕掛け人」

次週予定。

坂本龍馬とフリーメーソン―明治維新の礎を築いた英雄は秘密結社のエージェントだった!! (ムー・.../学習研究社
¥945
Amazon.co.jp

◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇

◆毎週金曜日発信します。
戦略PRジャーナリズムの視点から現代を読み解き、
よりよき未来への羅針盤となるべく、提言していきます。
世の中の不条理と良識を追求し、マスメディアの情報を鵜呑みにせず、
ブログでは伝えきれない潮流を素朴な眼で分析、予測していきます。
萌ゆるペン!をよろしくおねがいします。

◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇

「テーマレストラン探索の薦め」
http://group.ameba.jp/group/2z-xhFskTWyt/

----------------------------------------------------------------------
タイトル:萌ゆるペン!
発行者:KURAさん
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
会員登録・配信中止はこちらです。↓
(いつでも解除できます)
http://www.mag2.com/m/0001236631.html

----------------------------------------------------------------------

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。