Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

内閣の共同謀議。

文科省から新たなというより、決定的な文書がみつかり、
これはもはや、組織的な権力乱用といっていいでしょう。
文科省の官僚には職権と言うよりも、忠実な執事という立ち位置にあり、
ありとあらゆる行政上のメモをとり保管する仕事。
その出所がわからず怪文書というアナウンスは情報を放った側の、
謀略的な恣意的なものと、国民側は受け止めています。

森友も加計問題はもう共謀罪もどきです。
権力の味をしめてしまった、ムーニー首相夫婦は、
日本が死んでも自分たちは生き延びる腹なんでしょう。
次の総選挙では自公政権は大敗でしょうね。
でなきゃぁ、私達の未来はおしまい。。。
安倍氏の会見が終わったとたん、籠池氏の強制捜査。
どう見たってこれは国策捜査。
とくに、大阪地検は捏造では右にでるものがいないというほど、
巧妙のようだから、たとえ、財務省が慣例だからと言って、証拠を全て隠滅して、
自分たちは関係ないと思っていても、国民はだまっていない。
それでも黙っていたらわたしたちはは、
日本人ではないし、日本に住む資格なんかあるはずもない。
籠池氏は愛国主義の総本山である安倍首相のお墨付きをもらい、
問題が起きたら総本山は保身を優先して、
先兵隊の目下のものに責任を転嫁させるという安倍氏は、
はなはだ未熟なリーダーと評するほかはない。
閉会中審議はボイコットするらしいが、
すればするほど国民にはストレスが溜まっていく。
それにしても、安倍の形相の悪さが日に日に増しているようす。
他の自民党議員らはこれから一体どうするつもりなんだろう。
関連記事
スポンサーサイト