Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

絵の基本はやっぱり裸婦デッサン力

銀座五丁目で働く社長のWeblog-090312_1701~01.jpg

皆さんは絵を鑑賞する時

作家のデッサン力を考えてみたことがありますか。

おそらく余り心に留めないかたがほとんどでしょう。

人体とりわけ裸婦芸術(特に絵画)の

世界は奥行きが限りなく深く、

心理的な安寧を感じさせ、

人の心を素朴化させる力があります。

現代アートにもそういう方向性はあるものの、

軽薄性やマーケットを尊重するあまり

ファインアートのような深みは期待できません。

時代性と永遠性

、経済的価値と芸術的価値を

マクロにそしてミクロに論ずる方がおられない。


(続く、執筆中)

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。