Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

人類史上最悪の予感?

今の世界的な喧騒をみてますと

80年前の大恐慌のサイクルが

再びやって来そうな気配ですね。

たしか、この時もある木曜日に株価が大幅に下落し、

その三年後にピークを迎えています。

今回も昨年が株価の下落が

鮮明になっていますので、

おそらくピークは2011年あたりになるでしょう。

オバマさんの経済対策は後手後手に回り、

無い物ねだりの公的資金の投入だけで、

終わりそうな気配。

企業の倒産リスクを売買する

金融派生商品である

CDS(クレジット・ディフォルト・スワップ)が

650兆ドル(6.5京円、6500兆円の10倍)

にものぼるのだそうです。

今回の金融不安の起因ともなった

ウォール街の金融業界などへの

対処を誤ると大変なことに。

歴史的にみてもこの潮流を変えるには、

戦争特需による景気の回復も

有り得なくはありませんが、

この先どうなるか。

軍需産業複合体の業界

何千万人の総意がオバマさんに

襲いかからないという保障はありません。

まさに人類はパンドラの箱を

開けてしまったようです。

熱狂、恐慌、崩壊―金融恐慌の歴史/チャールズ・P. キンドルバーガー
¥2,940
Amazon.co.jp

グローバル恐慌―金融暴走時代の果てに (岩波新書)/浜 矩子
¥560
Amazon.co.jp

金融資産崩壊-なぜ「大恐慌」は繰り返されるのか (祥伝社新書140)/岩崎 日出俊
¥798
Amazon.co.jp

世界金融恐慌序曲~危機管理の資産運用~/大竹 愼一
¥1,680
Amazon.co.jp

世界連鎖恐慌の犯人 (Voice select)/堀 紘一
¥1,000
Amazon.co.jp

世界恐慌という仕組みを操るロックフェラー (5次元文庫)/菊川 征司
¥720
Amazon.co.jp

連鎖する大暴落―静かに恐慌化する世界/副島 隆彦
¥1,575
Amazon.co.jp


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。