Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

悲しい無趣味の世界

美大での同窓生である村上龍君が、

「無趣味のすすめ」を刊行したようですが、

タイトルがいささか・・・と思いますね。

「限りなく透明に近いブルー」で芥川賞を受賞され、

当時は審査員の間でも賛否両論が真っ二つに

分かれていたことがあります。

焼き増しの作品であったこと、

筆力に疑問があったこと、

R指定的な表現が多いこと・・・

など話題にのぼっていましたね。

数年間かれもかなり悩んでいたようで、

相当努力を重ねていったのでしょう。

若者受けする文体に傾斜し、世の中を斜めで見る視点、

間違っていてもどんどん進む理念。


いささか私もそういう気風がありますが、

あえて言うならば、

「雑学と未知の世界のすすめ」

でしょうか・・・・。


教養が身につく!大人の「雑学力」
¥500
Amazon.co.jp


知れば、世の中が10倍楽しくなるおもしろ雑学―誰かに話したくて、しょうがなくなる本 (王様文庫)
¥560
Amazon.co.jp

世界雑学大全/デビッド・ウォルキンスキー
¥2,940
Amazon.co.jp


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。