Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

朝日の小沢叩き。

こちらの新聞社は以前から、

かなりの偏向記事が目につきます。

西松建設の一件では

自民党側の捜査が手ぬるいことも言わず、

検察側を擁護する姿勢には感心しませんね。

もっとも戦前は大本営側にすりより

戦意高揚新聞としての立場を貫き、

プロパガンダの先頭に。。。

敗戦後は180度態度を変えた前科があるだけに、

国民への義ある行動を期待するのは

無理ということでしょうか。

毅然とした公平性を基本にやって欲しいですね。

大本営発表という権力 (講談社文庫)/保阪 正康
¥580
Amazon.co.jp


大本営報道部―言論統制と戦意昂揚の実際 (光人社NF文庫)/平櫛 孝
¥700
Amazon.co.jp


大本営が震えた日 (新潮文庫)/吉村 昭
¥620
Amazon.co.jp


大本営陸軍部戦争指導班 機密戦争日誌/軍事史学会
¥21,000
Amazon.co.jp


大本営発表は生きている (光文社新書)/保阪 正康
¥735
Amazon.co.jp


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。