Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

電波の独占の弊害。

日本では総務省の許認可制にしており、

テレビ局、官僚、政治家が結託して、

既得権益を享受していますが、

米国では地域の市民が編集権を持っているテレビ局が、

1000局以上あり、

欧州でも同じように電波が開放されています。

日本だけが一部の既得権者に認可している状況では、

真のジャーナリズムは、

権力の介入を受けざるを得ない。

言論の自由もそのうち

なくなってしまう不安もありますよね。


電波利権 (新潮新書)/池田 信夫
¥714
Amazon.co.jp


新聞社―破綻したビジネスモデル (新潮新書)/河内 孝
¥735
Amazon.co.jp

テレビはインターネットがなぜ嫌いなのか/吉野 次郎
¥1,575
Amazon.co.jp

地デジにしたいなんて誰が言った!? (晋遊舎ブラック新書 10)/荒川 顕一
¥756
Amazon.co.jp

ネットがテレビを飲み込む日―Sinking of TV (洋泉社ペーパーバックス)/池田 信夫
¥1,000
Amazon.co.jp


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。