Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

交渉人(Negotiator)の心理。



交渉ではマニュアルはまったく役に立ちません。
マニュアルの裏を読み、
深層心理と深い相手への憧憬を必要とします。
傾聴は必要不可欠な要素です。
よくディベートで自分の立場を有利に運び、
してやったり、というのはレベルの低い行為。
相手をその気にさせ、和やかにさせ、そして、
相手が騙されていると分かっていながら、
交渉人に相づちを打たせる。
アメリカ流の論理的な説得だけでは、
同意は難しいでしょう。
論理はある一部でしかありません。
簡単には人を説得できません。
説得の中身をみると必ずしも同調しているとは限りません。
政治家が相手を、聴衆をマニフェストで説得しても、
周りは納得した訳ではありません。
言葉だけでは人の心は変えられないのです。




関連記事
スポンサーサイト