Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

グーグルビジネスの限界点

グーグルは検索提供業務で莫大な利益をあげ、

180億ドルものキャッシュフローをもつ

特異な企業に成長しました。

たとえば、

いま女性の間でも人気のフンドシ。

愛している人のフンドシなら誰しも

身につけたがりますが(たぶん)、

赤の他人のフンドシは嫌がります。

グーグルは他人のフンドシをよく好むタイプのようです。

自社では何も作らず持たず関わらず。

今回の金融不安を発明した

金融工学の学者たちやウォール街の

金の亡者たちとたいして変わらない。

これまで苦労して積み上げてきた

コンテンツがタダで使われる。

無から有を生み出すのには

莫大なエナジーを必要とします。

今後検索屋さんとしてどこまでやれるのか、

注視していきましょう。

グーグルが日本を破壊する (PHP新書 518)/竹内 一正
¥756
Amazon.co.jp


クラウド グーグルの次世代戦略で読み解く2015年のIT産業地図/小池 良次
¥1,890
Amazon.co.jp


Google経済学(グーグル経済学)~10年後にトップに立てる新経済学入門~/柴山 政行
¥1,470
Amazon.co.jp


グーグル・マーケティング!/押切 孝雄
¥1,764
Amazon.co.jp


グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)/森 健
¥735
Amazon.co.jp


アップルとグーグル 日本に迫るネット革命の覇者/小川 浩
¥1,890
Amazon.co.jp


関連記事
スポンサーサイト